african dance & drum session!
先週12/1は、アフリカンセッションを企画して大盛り上がりでしたー♬

毎週たくさんの元気な子どもたちと、
ダンス上達に励む若者たちで
ありがたく盛り上がってます。
(どなたでも参加可能です。
ご興味のある方はご連絡ください。)

12月はカナダから、昨年bc1のカナダのチャンピオンのillsがゲストの予定。

ワークショップも開催予定です。(12/22)

storytimeは様々な助成金のご協力のもと、
こどもから大人まで、ダンスを通じて
いろんなカルチャーを体験してます♬

子どもたちには、この体験が
多様化する未来に、
少しでも役立つことを期待してます。

IMG_0675 IMG_0660

——————————————–
今回のアフリカンセッション
ゲストのプロフィールです↓

菜央
ダンサー。
2003年〜’12年、コンテンポラリーダンスカンパニー“マドモアゼル・シネマ”に在籍。国内外、全ての公演に出演。
’10年踊りの根源を探るべく、共にアフリカへ。
ジャングルの奥地に住む少数民族ピグミーとともに生活をし、踊ることがどんなに当たり前でどんなに特別かを思い知り、大きな衝撃を受ける。
帰国後、アフリカと日本のスピリットを胸に、独自のスタイルで踊り始める。
現在は遊動型芸能家集団“SUNDRUM”の活動を通して、日本、アジアの伝統芸能とのコラボレーション、その土地に伝わる様々な儀式を経験し、新たな領域に脚を踏み入れ、舞い続けている。
また、アフリカンダンスWS、子供たちとのアニマルアフリカンWSも展開中!!
声の層で空間を創り出す“つむぎね”メンバー。
SUNDRUM*http://sundrum-web.blogspot.jp/?m=1
つむぎね*http://tsumugine.com/

坪内あつし

打楽器奏者、音楽家。
2009年より西〜中部アフリカへの渡航で各民族のドラミングを学ぶ。またアジアの民族芸能もフィールドワークし、それらも取り込んだ創作活動を行なっている。
打楽器と歌とダンスのバンド『SUNDRUM』を主宰。様々な場所でパフォーマンスを行い、国際芸術祭などに出演。 2015年台北横浜アーティストエクスチェンジプログラムで台北国際芸術家村へレジデンス滞在。韓国伝統音楽家や台湾原住民アーティストと交流しコラボレーションCD作品の発表やパフォーマンスを行う。また太鼓の制作、路上パフォーマンス、ワークショップなども行なっている。